プログラミングが学べる 月額制プラン!

メンバーシップは月額でいつでも・何度でもREDEEにお越しいただき、
カリキュラム(テーマごとの学習内容のまとまり)を受講できるプランです。

学校の帰りに、家族がお買い物をしているあいだに、
休日のお出かけに、いつでもREDEEをご利用頂けます。
毎日お越しいただいても構いません。

月額料金をお支払いいただくと全てのカリキュラム(講義・自己学習・スクール)と
施設のコンテンツをご使用いただけます。

  • 講義

    プログラミングが学べる メンバーシップカリキュラム:講義

    決まった時間に教室に集まって、講師による授業を他のメンバーと一緒に受講します。カリキュラムの最初は講義から始まります。新しい学習テーマについて基礎的な知識を身につけましょう。

  • 自己学習

    プログラミングが学べる メンバーシップカリキュラム:自己学習

    講義のあとはテキストを読みながら自分で課題をこなしていきます。わからないことがあれば講師に質問してください。課題について自分で調べて解くという習慣を身に着けましょう。

  • スクール

    プログラミングが学べる メンバーシップカリキュラム:スクール

    テーマについてしっかりと学びたい、という人向けにスクール形式のカリキュラムを提供しています。講義中心の構成で3か月の期間で学びます。

FEATURE

特徴

テクノロジーに強い子供を育てる

REDEEのカリキュラムに取り組むことで、
こんなことができるようになります。

  • 小学校高学年のプログラミング授業が分かるようになる
  • 動画やゲームといったコンテンツを自分でつくれるようになる
  • 自発的に学び・考える習慣が身につく
  • デジタルの高度な知識を学ぶための準備ができる

講師がその場で教えてくれる

REDEE内にはカリキュラムの講師たちが常駐しています。
講義の後や自己学習の際にわからないことがあれば、
気がねなく講師に相談してください。

  • REDEEメンバーシップカリキュラムの講師
  • REDEEメンバーシップカリキュラムの講師
  • REDEEメンバーシップカリキュラムの講師

REDEE(レディー)での学習の進め方

デジタルに関する知識を身に着けるには積み重ねが大切です。
「ステップ1」のパソコン操作からはじめて、少しずつカリキュラムを進めてください。
「この範囲はもうできているから大丈夫」という人や、「先にこちらのカリキュラムをやりたい」という人は
ステップを飛ばして自由にカリキュラムを進めてもかまいません。

  1. STEP1

    パソコン操作を学ぶ

    REDEEメンバーシップ1:パソコン操作を学ぶ

    対象となるカリキュラム

    • タイピング基礎
    • タイピングマスター

    まずはパソコンの使い方を学びましょう。
    マウスとキーボードを使ったパソコンの操作には慣れが必要です。
    「タイピング基礎」でキーボードの配置や効率的にタイピングする方法を覚えてください。

  2. STEP2

    プログラミングの基礎を学ぶ

    REDEEメンバーシップ2:プログラミングの基礎を学ぶ

    対象となるカリキュラム

    • マインクラフトプログラミング基礎
    • Scratch基礎(低学年向け)

    プログラミングはデジタルに関する知識の根幹をなすものです。
    難しいプログラムを自分で書かなくても、ブロックを動かすことでプログラムをつくることができる「マインクラフト」や「Scratch」といったソフトを使って、プログラミングの基礎知識を身につけましょう。
    「Scratch基礎」は小学校低学年の子供たちでもわかりやすいように簡単な言葉を使って講義を行います。

  3. STEP3

    プログラミングの応用を学ぶ

    REDEEメンバーシップ3:プログラミングの応用を学ぶ

    対象となるカリキュラム

    • マインクラフトプログラミング応用

    「こういった動きのプログラムをつくりたい」と思った際に、プログラムのパターンを覚えておくことが重要です。
    「マインクラフトプログラミング応用」では座標、反復構造、条件分岐といったパターンの理解を深めることで、自分で自在にプログラムをかけるところまで目指します。

  4. STEP4

    ゲーム制作を学ぶ

    REDEEメンバーシップ3:ゲーム制作を学ぶ

    対象となるカリキュラム

    • Unityプログラミング基礎
    • Unityプログラミング応用

    基礎・応用でプログラミングをかけるようになったらUnity(ユニティ)をつかってゲームを作ってみましょう。
    今まで覚えたプログラミングの知識とゲームデザインの知識を組み合わせれば、友達や家族に楽しいと思ってもらえるゲームをつくれるはずです。

  5. STEP5

    興味があるカリキュラムを探す

    REDEEメンバーシップ5:興味があるカリキュラムを探す

    対象となるカリキュラム

    • あらゆるカリキュラム

    ステップ1~4までのプログラミングを基本とした知識はデジタル技術を学ぶうえで欠かせないものです。ここから先は「おもしろそう」と思う分野のカリキュラムに進んでください。
    ゲームをつくることに興味があればゲーム制作を、アプリを開発したいと思ったらプログラミングの上級編を履修してみましょう。
    スクールのカリキュラムに申し込めば、プログラミングをもっと深く学ぶことができます。REDEEで「やりたいこと」を見つけてください。

CURRICULUM

カリキュラム一覧

REDEEで受講できるカリキュラムの一覧です。「学習の進め方」を参照しながら気になるカリキュラムに取り組みましょう。

対象年齢について

対象年齢は講義内容などを考慮した目安です。実年齢より上のカリキュラムを受講しても問題ありません。自分に適したカリキュラムを選択してください。

IT難易度について

パソコン・プログラミングに関連するカリキュラムは前提となる知識が必要になります。受講する際にカリキュラム毎の★の数を確認してください。

PC操作が初めてでも問題なく出来る
★★ マウスの操作や数字の入力が出来る
★★★ キーボード入力が出来る
★★★★ PC操作とプログラミングの知識が備わっている
★★★★★ さらにステップアップしたい人向け
パソコン基礎

パソコンの使い方を学ぶためのカリキュラムです。「パソコンに自信がない」という人から「パソコンの仕組みについて詳しく知りたい」という人まで、パソコンの色んなことを扱います。

コンピュータサイエンス

コンピュータの動きの基礎部分をしっかりと学べるカリキュラムです。インテル監修のカリキュラムとなっているため、 より本格的にコンピューターの知見を深めることができます。

プログラミング

プログラミングを学ぶためのカリキュラムです。まずはブロックを使ったやさしいプログラミングからはじめて、自分でプログラムをかけるようになるまで上達しましょう。

ビジュアルアートプログラミング

processing(プロセッシング)を使って簡単にデジタルアートを作成します。絵を書いたり、アニメーションやCG(コンピュータグラフィックス)を制作できるプログラムを作ることができます。

【New!】メタバース

自分のアバターを作ったり、自分のワールドを作ったりと、まずはメタバースに触れてみましょう。メタバースの世界を探検したり、オリジナルの世界を作り、体験することで子どもたちの可能性を探ります。

ゲームプログラミング

「スクラッチ」や「Unity」をつくってゲームづくりに挑戦してみましょう。REDEEで学んだ幅広いプログラミング知識やグラフィック知識を活用することで、まわりの人を楽しませられるゲームをつくることができます。

ロボットプログラミング

自分で作ったロボットやドローンをプログラミングを使って動かしてみましょう。「スクラッチ」で学んだことをことを活用して、プログラミングを組み込みます。思い通りに動くかどうか、実際に操作することで論理的思考力を育みます。

映像

動画編集の基礎を学ぶカリキュラムです。本格的な動画編集ソフトを使って、効果音、字幕・テロップ、リピート&スロー、エフェクトといった様々な動画編集スキルを身に付けます。

ゲーミング英会話

ゲームをプレイしながら英会話を学びます。「フォートナイト」や「マインクラフト」の世界で必要な単語やフレーズを覚えて、ゲーマーが使う実践的な英語をしゃべってみましょう。

eモータースポーツ

クルマを動かすための基本的な操作方法や走行テクニックを学びます。本格的なレーシングシュミレーター「グランツーリスモSPORT」を使って、リアルなドライビングを体験しましょう。

eサイクリング

最新のバーチャルスポーツアプリ「Rouvy」を使ってサイクリングに挑戦してみましょう。初心者にもやさしい簡単なコースから、上級者向けの長いコースまで本格的なサイクリングを体験できます。

プロゲーマーへの道

プロゲーマーになるために必要な基礎的な(いろいろなタイトルに使える)知識を学びましょう。ゲームは頭を使わないとうまくなりません。早く正確に計算する能力はあらゆるゲームに応用可能です。

スクールタイプ

講義で教わりながら進みたい人にぴったり。3か月間(毎月、前半/後半で1回ずつ)計6回の単位を受講するステップアップのカリキュラムです。1回目より受講してください。

スクール

スクールタイプのカリキュラムでは定期的に開催される
「REDEE kidsgrand prix(レディー キッズグランプリ)」において
自分が制作したゲームの発表をすることを最終目標としています。

他プログラミングカリキュラムとの違いとして、
プログラミングの知識を身に付けることを直接的な目標にするのではなく
「1つの作品(ゲーム)を作る」事を目標に取り組みます。

子供達の自由な発想をゲーム制作を盛り込み、
楽しみながらトライアンドエラーを繰り返す事で様々な力を身につけます。

  • REDEE スクール プログラミング学習
  • REDEE スクール プログラミング学習
  • REDEE スクール プログラミング学習

CALENDAR

カリキュラムカレンダー

FLOW

受講の流れ

プログラミング、英会話、eスポーツに関するセミナーなどの講義を受講した後、自分のスケジュールやペースに合わせて自己学習をすすめます。
※ テーマ毎に課題をご用意しています。

REDEE メンバーシップ受講の流れ / 講義 : STEP 1

講義 : STEP 1

REDEE公式HPでカリキュラムをチェックし、講義を予約してください。

※ カリキュラムによっては、講義のみ実施するものもございます。
ご予約はこちら

REDEE メンバーシップ受講の流れ / 講義 : STEP 2

講義 : STEP 2

来館時にメンバーシップカードをお渡ししますので、受付でお名前をお伝えください。

REDEE メンバーシップ受講の流れ / 講義 : STEP 3

講義 : STEP 3

受講後、講師から自己学習用のスタンプカードをもらいましょう。

REDEE メンバーシップ受講の流れ / 自己学習:STEP 1

自己学習:STEP 1

2回目以降は自己学習となりますので、ご予約は不要です。
REDEE公式HPのマイページから自己学習のカリキュラムをチェックしましょう。
※ カリキュラムによっては、講義のみ実施するものもございます。

REDEE メンバーシップ受講の流れ / 自己学習:STEP 2

自己学習:STEP 2

来館時、受付でメンバーシップカードを提示してください。
REDEEスタッフが勉強場所をご案内します。

REDEE メンバーシップ受講の流れ / 自己学習 : STEP 3

自己学習 : STEP 3

自己学習のスタート!
わからないことがあったらREDEEスタッフに聞いてください。

REDEE メンバーシップ受講の流れ / 自己学習:STEP 4

自己学習:STEP 4

学習が終わったらREDEEスタッフに伝えてください。
学習単位ごとにスタッフが確認します。
しっかり学習できていたら、REDEEスタッフがスタンプを押します。
REDEEポイントをためて合格を目指しましょう。

REDEE メンバーシップ受講の流れ / 自己学習:STEP 5

自己学習:STEP 5

合格したら次に進もう!
マインクラフトやLEGO、タイピングなど、他にもさまざまなカリキュラムがあります。学びたいと思ったらどんどん進んでいこう。
今後もいろいろな種類のゲームが増える予定です。お楽しみに!

講師スケジュール

自己学習をより詳しく学びたい方は、
担当講師のスケジュールをご確認の上ご来館ください。

 
« 5/22 ~ 5/28 »
 <担当カリキュラム> 5/22(日) 5/23(月) 5/24(火) 5/25(水) 5/26(木) 5/27(金) 5/28(土)

撫養圭胡

・スクール-マインクラフトプログラミング
・マインクラフトプログラミング
・マインクラフト コードプログラミング
・ビジュアルアートプログラミング
・スクラッチ
・レゴプログラミング
・タイピング

+詳細
11:0020:00 11:0020:00 - 11:0020:00 - 11:0020:00 11:0020:00

三浦竜太

・スクール-スクラッチ
・マインクラフトプログラミング
・ユニティ
・スクラッチ
・レゴプログラミング
・タイピング

+詳細
11:0020:00 11:0020:00 11:0020:00 - 11:0020:00 - 11:0020:00

福岡しょーり

マインクラフトプログラミング
スクラッチ
レゴプログラミング
タイピング

+詳細
- - 11:0020:00 - 11:0020:00 11:0020:00 -

石田洸

ゲーム実況動画編集

+詳細
- - - - - - -

田邊千嘉斗

ゲーム実況動画編集

+詳細
- - - - - - -
  • 当日やむを得ず担当講師が対応できない場合がございます。
  • スケジュールは予告なく変更となる場合がございます。

RP REDEE POINT

レディーポイントのしくみ

REDEEのカリキュラムをこなすと「RP(REDEE Point)」が付与されます。
「自分はこれだけ学んだ」ということを振り返るための指標です。
RPが特定のレベルまでたまると「バッジ」をもらえます。

RPの進捗で「子供がどれだけ頑張ったか」を確かめる
RPをたくさん獲得し、バッジをもらうために子供たちはカリキュラムをこなそうと頑張ります。保護者の方はRPの進捗を確認して、子供たちの努力を誉めてあげてください。

バッジと景品はやる気の源
バッジは頑張りに応じた「称号」です。より高いランクのバッジを持っていると友達にちょっと自慢できます。特定のバッジまで到達するとREDEEの景品がもらえます。
バッジと景品という目に見える成果は子供たちのやる気を引き出す源です。

エントランスでマイページのバッジ名を見せると、特典がもらえます!

バッジ REDEE
POINT
特典
ブロンズ 1,000 REDEEオリジナルグッズ『ステッカー』プレゼント
REDEEオリジナルグッズ『ステッカー』
シルバー 5,000 REDEEオリジナルグッズ『缶バッジ』プレゼント
REDEEオリジナルグッズ『缶バッジ』
ゴールド 10,000 REDEEオリジナルグッズ『マウスパッド』プレゼント
REDEEオリジナルグッズ『マウスパッド』
プラチナ 20,000 ロジクール『マウス』プレゼント
ロジクール 『マウス』
  • 選定した種類の中からお選びいただきます。
    お選びいただいてからの発注となるため、お渡しは後日となります。
  • 在庫状況により、ご希望の商品をご用意できない場合がございます。
ダイヤ 50,000 乞うご期待
チャレン
ジャー
100,000 乞うご期待
ビップ 500,000 乞うご期待
グランド
マスター
1,000,000 乞うご期待

PRICE

料金

月額2,980円メンバーシップ開始記念キャンペンで今だけ!初月のみ980円
毎月1日に自動引き落とし

◆小中学生のお子様について

小中学生のお子様については18歳以上の保護者の方に同伴して入館頂くことが可能です。
来館時に受付担当者に保護者である旨を伝えてREDEEに入館し、講義中にお子様の補助を行うお子様と一緒に、自学習のカリキュラムに取り組むことができます。(お子様1名につき付添1名まで)